Sponsored Link


「今日は何年、何月、何日、何曜日ですか?」講習予備検査で高齢者ドライバーの交通事故を減らそう●記憶… 



Sponsored Link
 


「今日は何年、何月、何日、何曜日ですか?」講習予備検査で高齢者ドライバーの交通事故を減らそう

●記憶・判断力試す増え続ける高齢者の交通事故を減らそうと、75歳以上のドライバーを対象に昨年から講習予備検査(認知機能検査)が設けられた。
免許更新時に記憶力や判断力をテストし、認知症の発見にもつなげるのが狙いで、県内では同年6~12月に2404人が受けた。
県警は「検査を通して安全運転の意識付けを図っていきたい」という。
「今日は何年、何月、何日、何曜日ですか」。
昨年12月末、奈良市西大寺竜王町2丁目の奈良自動車学校の教室。
男性9人が机に向かい、すらすらと質問に回答していった。
ただ、簡単だったのはここまで。
バラや大砲、オルガンなど16種類のイラストを時間をおいた後に何個思い出せるか試すテストでは、天井を見上げたり頭をかいたりして必死に思い出そうとするが、8~9個で鉛筆を止める人が目立った。
指導員が「大変だったね」と声をかけると、参加者らは顔を見合わせて苦笑い。
同市の小林俊之さん(74)は「普段運転する時は何も気にしていなかったが、検査は思ったより難しかった。
教室に来るなんて久しぶりだし、ドキドキした」と話した。
県警によると、県内の75歳以上の免許取得者は約3・95%で08年の全国平均(3・78%)よりも高い。
昨年1~11月末の75歳以上の人身事故は556件(全体の8・7%)にのぼり、1年間の死者は4人に1人の13人に達した。
全国各地でも同じような傾向にあり、高齢者の事故を防止しようと昨年6月に道路交通法が改正され、検査が導入された。
検査は、県内11カ所の指定自動車教習所で受けられる。
記憶力や判断力が低くなっていると判定され、信号無視や一時不停止などの違反があった場合、専門医が認知症の有無も調べ、免許証の取り消しや停止もありうるという。
検査料は650円で、その後の講習料に5350円かかる。
運転免許課の米田昌輝課長(男たちは、自分の職業が他のいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思い込ませる以外に、その職業を持ちこたえることはまずできない)補佐は「高齢者の死亡事故が増えている中、検査の導入を理解してもらい、日頃から注意して運転していただければ」と話している。
記事:asahi_com(社)http://mytown.asahi.com/nara/news.php?k_id=30000001001090002

国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加