Sponsored Link


野良猫?いいえ、これは「地域猫」です…不妊手術などに助成-佐賀耳にピアスは地域猫のしるし―― 



Sponsored Link
 


野良猫?いいえ、これは「地域猫」です…不妊手術などに助成-佐賀

耳にピアスは地域猫のしるし――。
野良猫を減らしてフン害などの苦情に対応しようと、佐賀市が新年度から地域住民の協力を得て管理する「地域猫制度」を創設する。
モデル地区や動物愛護団体に、不妊・去勢手術費用を助成。
野良猫と識別できるように、手術と同時にピアスを付ける。
初年度は80匹分の予算を計上する方針だ。
市が全520自治会を対象に実施した「野良猫に関するアンケート」によると、市内全域に2080匹いると推計され、205の自治会で対応に困っており、「近所でエサをやる住民がいる。
自分で飼うべきだ」「フンや尿のにおいがひどい」「鳴き声がうるさい」など様々な苦情があった。
07年度だけでも市への苦情は46件に上る。
このため、市は昨年5月から「市地域猫推進基本方針」の策定に取りかかり、策定委を3度開催。
横浜市磯子区などの先行事例を参考に、地域猫を「地域の住民の協力によって世話され、管理されている猫で、不妊・去勢手術をし、手術済みのマーキング(ピアス)をしている猫」と定義した。
推進モデル地区にはオス1匹につき1万5千円、メス3万円、動物愛護団体にはオス1万円、メス2万円を上限に不妊・去勢手術費用を助成する。
市環境課の山口裕・副課長(愛とは相手に変わることを要求せず、 相手をありのままに受け入れることだ)は「不妊・去勢手術費用を助成することで野良猫の増加に歯止めをかけたい」と話す。
「この白い子は元飼い猫。
不妊手術もしてある。
捨てられたのか迷い子なのか、こんな寒いところで可哀想に」2日午後6時半。
佐賀市川副町の田んぼ脇の空き地に、野良猫6匹が集まっていた。
お目当ては、動物愛護ボランティア「ぴぃす動物くらぶ」を主宰する家田明子さん(63)=同市水ケ江6丁目=が与えるキャットフード。
家田さんはこの日12カ所を回り、計35匹に晩ご飯を配った。
2009/02/08[09:59]http://www.asahi.com/national/update/0208/SEB200902080001.html

ねえ、グラードンとカイオーガを見て、ポケモンは恐いものだと思ったかい?でもそんなことはないんだよ。ポケモンって本当はもっと・・・。いや きみなら そんなことはもうとっくに気が付いているよね



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加