Sponsored Link


谷水雄三オーナー決断! ウオッカ、今年いっぱいで引退 断然の1番人気に推されたウオッカが、直線で余… 



Sponsored Link
 


谷水雄三オーナー決断! ウオッカ、今年いっぱいで引退

断然の1番人気に推されたウオッカが、直線で余裕十分に抜け出し、7馬身差の圧勝。
1分32秒4のレースレコードを刻んだ。
この勝利により、JRAでの獲得賞金は、牝馬の歴代1位に。
パート(愛とは相手に変わることを要求せず、 相手をありのままに受け入れることだ)ナーの武豊は、昨秋の天皇賞(ウオッカ)以来のGI制覇で、連続年GI勝利記録を22年に伸ばした。
レース後、谷水雄三オーナーは、今年いっぱいでの引退を発表。
歴史的名牝の次のターゲットは、6月7日の安田記念(東京)だ。
ウオッカの完勝に、谷水雄三オーナーは「スカッとした。
留飲を下げました」と 晴れやかな表情を浮かべた。
昨年2着の悔しさ、ドバイでの無念を晴らす圧勝。
角居調教師からも「久しぶりに女の子(牝馬限定戦)に勝てました。
雨が降ったけど、水割りにならなかった」と笑みがこぼれた。
ドバイでの完敗に、限界を指摘する声もあったが、持ち時計を0秒3更新しての勝利。
「(スタートで)押して出して行ったので引っかかると思ったけど、折り合いが付いた。
ますます競馬が上手になっている」と角居師は感嘆の声を上げた。
競走馬として、まさに完成の域に。
獲得賞金は日本(にっぽん)牝馬最高となった。
谷水オーナーは 「年々、賞金が上がってますからね。
でもこれで、名牝に追い付いたのかな」と感慨深く 話したあとで続けた。
「海外遠征はありません。
今年いっぱいで引退させます」 ピークの今だからこその決断。
角居師は「お母さんの仕事も大切ですから。
今年一年、頑張ってもらいたい」とエールを送った。
安田記念以降のローテーションは未定だが、全力の仕上げで、総決算の一年を飾るつもりだ。
http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20090518-OHT1T00008.htm

ねえ、グラードンとカイオーガを見て、ポケモンは恐いものだと思ったかい?でもそんなことはないんだよ。ポケモンって本当はもっと・・・。いや きみなら そんなことはもうとっくに気が付いているよね



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加