Sponsored Link


年30万以上所得で対象にフリーターやパート従業員の課税強化、合意に達するフリーターやパート従業員の… 



Sponsored Link
 


年30万以上所得で対象にフリーターやパート(われらはつねに命の短きを嘆じながら、あたかも命の尽くる時期なきごとくふるまう)従業員の課税強化、合意に達する

フリーターやパート従業員の課税を強化へ与党協議・自民・公明の両党は13日、来年度の税制改正について協議し、フリーターやパート従業員に対する課税を強化することで合意しました。
アルバイトなどで生計を立てている、いわゆるフリーターやパート従業員について、現在は、住民税がサラリーマンほど厳密に課税・徴収されていません。
しかし、今後は、年間30万円以上の給与所得を得ていれば、すべての人が住民税の課税対象となります。
また、酒税については、現在10種類ある税率を2006年度までに簡素化することで一致しました。
ビールや発泡酒、第3のビールには同じ税率が適用される方向で、ビールは減税、発泡酒と第3のビールは増税される見通しです。
焦点となっている定率減税については、来年度からの縮小で一致しましたが、縮小の幅で意見がまとまらず、14日に詰めの協議を行う予定です。

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加